ヘモグロビンa1cとは|健康体になろう!健康に必要な食事・運動・サプリメントについて
healthybody

healthybody

ヘモグロビンa1cの数値が上がる理由と下げる方法を調べよう

ヘモグロビンa1cとは

シニア男性

ヘモグロビンa1cとは

ヘモグロビンa1cとは、血液が流れる血管内でヘモグロビンとブドウ糖がくっついてしまったモノのことを言います。そのため、別名「糖化ヘモグロビン」とも言われています。そのため、ブドウ糖の量が余分にあればある程、ヘモグロビンa1cの量が増えやすくなってしまいます。

数値が上がる理由

ヘモグロビンa1cの数値の測り方は、血糖値の数値を測るときとは方法が違うため下げるためには日々の生活習慣を見直すことが大切です。血糖値は検査をした時の数値を測りますが、ヘモグロビンa1cは1ヶ月から2ヶ月程前からの血糖状態を調べます。そのため、検査当日に朝食を抜いたり、検査の1週間前から野菜中心の食事に切り替えても意味がありません。数値が高くなる原因は、日頃から甘いものを多く食べている、炭水化物の摂取量が多い、運動不足などが原因になっています。

下げる方法

数値を下げたい人は、食事制限や運動に挑戦してみましょう。食事制限をすることで、糖分の摂取量をコントロールすることができ余分なブドウ糖の発生を防ぐことができます。運動することで、体内の糖を消費することができます。運動方法は、有酸素運動が良いと言われておりジョギングや水泳などが注目されています。食事制限をしても、毎日運動をする時間が無いという人は、ヘモグロビンa1cの数値を下げるサプリメントを使ってみましょう。糖の吸収を抑えることができ、血糖値を下げることができます。また、代謝を高める作用のあるサプリメントもあるため、外に出てジョギングや水泳をする時間がないという人にも最適です。